スタートBO~バイナリーオプション~

バイナリーオプションの取引方法

バイナリーオプションの取引方法

バイナリーオプションで取引するときですが、取引方法というものがあります。取引方法は主に「ハイロー」「ワンタッチ」「レンジ」の3つのやり方になります。それぞれどのような方法で取引を行なうのかを1つずつ書いておきます。確認として書いておきますが、バイナリーオプションは価格変動を利用して、「上がるか」「下がるか」を予想する取引ですよね。

「ハイローの取引方法」 ハイローはバイナリーオプションの取引で1番良く使われている最もポピュラーな取引方法です。取引方法はとても簡単で、数十秒から数分後に価格が変動して上がるのか下がるのかを予想する取引方法です。 例えば、通貨ペアが「米ドル/円」で現在の価格が90円10銭のときで5分のハイロー取引とします。では、5分後に上がると予想して購入します。仮に5分後に価格が90円15銭になり上がった場合は取引成功です。逆に、5分後に価格が90円5銭になり下がった場合は取引失敗です。

「ワンタッチの取引方法」 ワンタッチはバイナリーオプションの取引で非常に難しいとされている取引方法ですが、その分ペイアウト率が高めの設定になっています。取引方法は、定められた時間内に決められた価格まで達する(上がるの)か、もしくは達しない(下がるの)かを予想する取引方法です。 例えば、通貨ペアが「米ドル/円」で現在の価格が90円10銭のときで、決められた価格設定が90円15銭で30分のワンタッチ取引とします。では、30分後に決められた価格設定に達すると予想して購入します。仮に30分後、決められた価格設定に達した場合は取引成功です。逆に、30分後に価格が達しない場合は取引失敗です。

「レンジの取引方法」 レンジはバイナリーオプションの取引で相場に動きがないときに利用されることが多い取引方法となっています。取引方法は、数十秒から数分後に決められた価格幅に収まっているか収まっていないかを予想する取引方法です。 例えば、通貨ペアが「米ドル/円」で現在の価格設定が90円10銭で決められた価格幅が90円15銭から90円5銭のときで10分のレンジ取引とします。では、10分後に決められた価格幅に収まっていると予想して購入します。仮に10分後、決められた価格幅に収まっていたら取引成功です。逆に、決められた価格幅に収まっていなければ取引失敗です。